夏は季節の中で紫外線が強いですが、冬も紫外線を浴び続けていると、夏と同様に日焼けをします。
冬だからと日焼け対策せずに長い時間紫外線を浴びてしまうと、夏時期と同じように日焼けしてしまいます。
しみなどの紫外線によるお肌トラブルは、メラニンが蓄積されて引き起こされます。
夏以外の季節も紫外線は浴びてしまうので、夏以外で日焼け対策を怠っていると、お肌の中でメラニンが蓄積してしまう可能性があります。
大切なのは夏以外の日焼け対策を行っていくことです。
日焼けをしたら早く対策を取りましょう。
その日だけではなく継続してお肌へのアフターケアをしてください。
肌が受けたダメージを軽減するようケアを続けることが、しみの予防に重要です。

日焼け後のしみ対策は、肌が赤くほてった状態のときに大切なのは冷やすことです。
日焼けは皮膚がヤケドした状態になっていますので、すぐに冷やしましょう。
この状態のときは、浴槽に浸からないようにしましょう。
強くタオルで体を洗うのもお肌にダメージを与えてしまうので控えめにしてください。
熱すぎないお湯でシャワーを浴びて、入浴後は濡れタオルで肌を冷やしてください。
日焼け後のアフターケアで、お肌を十分に冷やしたあとは、お肌を保湿しましょう。
紫外線でダメージを受けたお肌は、乾燥しやすい状態になります。
日焼けしたお肌の箇所に化粧水をつけてください。
日焼けしたお肌は、デリケートな状態ですので、お肌への刺激を抑える必要があります。
化粧水で刺激を感じるようであれば、軟膏で保湿するようにしましょう。

こちらも参考にしてください⇒しみ 日焼け

関連記事