乳液がベタベタしてしまうのは、付けるタイミングが悪いからです。
乳液は化粧水を付けたすぐ後に付けてしまうと、化粧水と混ざり浸透しなくなっちゃうのです。
また皮脂の分泌が多いTゾーン等に大量に塗る事も、べた付く原因です。
なので脂の多い部分は、少なめに付ける事が大切です。
それにあまりに付けすぎるとニキビが出来る原因にもなるので、気をつけましょう。
反対に乾燥しやすい部分は、Tゾーンより多めに付けると肌の状態を良く出来ます。また付けすぎただけで無く、肌質に合っていない乳液を使っているというパターンも考えられます。
なので成分の表示を確認して、自分の肌に合う物を使いましょう。べた付きにくい乳液ですが、こってりとした物よりウォータータイプの方がべた付かないでしょう。
高保湿タイプとサッパリタイプが有るのなら、サッパリタイプを選ぶのが得です。
また添加物が過剰に入っていないオーガニックタイプの方が、肌に優しいのでベタ付きも少なくなるハズです。
それとどの乳液を使うにしても、コットンで量を抑え気味にするとべた付かなくなります。
コットンに付けて肌をパッティングするように優しく付けたら、塗り過ぎを防げてベタ付きも回避出来るでしょう。
詳しく知りたい方はこちらも参考にしてください。⇒乳液 べたつく

関連記事