太陽光発電の寿命については、国税局が太陽光発電の法廷対応年数は17年と定ています。
法人や個人事業主が事業用に設備投資として太陽光発電を購入した際は、購入費用の17年で減価償却することになります。
太陽光発電にはグリーン減税という優遇税制を利用することができます。
先程の耐用年数は法的な話でしたが、一般向けの太陽光発電システムは17年を越えても全然使えます。
一般的にソーラーパネルは20年から30年と言われていて、パワーコンディショナーは10年から15年と言われています。
機械ものなので断定的には言えないません。
ソーラーパネルが20年より早く壊れてしまう家もあれば、30年越えても壊れない家もあります。
寿命と一緒に考えてしまうことは経年劣化です。
20年後でも買った時と同じようなパフォーマンスができているかということです。
年を経過すればパフォーマンスが落ちていくのは機械ものは当然仕方ないことです。
研究では、20年後には85%から90%までパフォーマンスが落ちてしまうそうです。
なので、使い続ければ続けるほどパフォーマンスは落ちていくので、新しいパネルを買う方が経済的だと言えるですが、ソーラーパネルもパワーコンディショナーもそんなに安いものではないです。
簡単には買い換えることは難しいですが、パフォーマンスだけを考えると20年後には買い換えた方が良いでしょう。
太陽光発電について詳しく書いてあるので参考にしてください。⇒太陽光発電 寿命

関連記事


    最近では、一般家庭でも太陽光発電を設置する方が増えてきています。 太陽光発電は、再生可能エネルギーとして注目されています。 なかなか、太陽光発電は難しいことが多く、疑問を持つ方もいると思います。 そん…


    家庭用太陽光発電を導入しようと思った時は家の屋根に太陽光パネルを設置する事になります。 その時に多くの方はきっとどこにある家の屋根でも特に問題もなく家庭用太陽光発電を導入できると思っているかと思います…


    自分の家の電力料金を少しでも安くしていきたいとは当然ですが、多くの方が考える事です。 電気料金は毎月の各家庭を必ず圧迫しますので、普段から最適な電気料金を選らんでいく事で自分にとってベストな家計を作っ…