2017年初頭、EDに悩む男性限定ですが、大事件が起きました。

レビトラジェネリックが市場から姿を消しました。

レビトラは1錠2千円ぐらいと高価で、効果には定評があるものの、
使い続けるには経済的に苦しいという人が多い薬です。

そんな貧乏ED男性にとって安価なレビトラジェネリックはまさに救世主的存在でした。

それが買えなくなるなんて、またEDに戻れというのか!
多くの男性の怒りが湧き上がる事件でした。

なぜ、こんなことになったかというと、レビトラの製造メーカーであるバイエル薬品が
インド政府に対してレビトラジェネリックの製造中止を訴えたからでした。

元々レビトラは特許が切れておらず、ジェネリックを製造することは
法的に問題があるとされています。

しかし、インドの法律的にはOKなので、海外のメーカーとは摩擦が耐えません。

今回はバイエル薬品の訴えが通って、
インドもレビトラジェネリックの製造が中止となりました。
当面製造が再開されることもなさそうです。

しかし、現在の在庫分の販売は認められるので、
実は一部の業者ではまだバリフを取り扱っています。

オオサカ堂などではとっくの前に姿を消したバリフですが、
くすりエキスプレスやベストケンコーではこれからも取扱を続けるそうです。
というのも、サプライヤーとの関係が強く、優先的に商品を回してもらえるかららしいです。

なお、バリフ以外のサビトラなどのレビトラジェネリックも姿を消していますが、
くすりエキスプレスなどでは今後も販売を続けるそうです。

しかし、おそらくこれも在庫が切れたら終わりなので、
今のうちに買いだめしておいたほうがいいかもしれません。

なお、レビトラジェネリックの販売中止騒動などについては以下のサイトを参考にしました。
参考サイト: レビトラジェネリック販売中止?でも大丈夫です!再入荷しました!

関連記事

    None Found