化粧水をつける時、手で直接付けている方とコットンを使って付けている方がいると思います。
どちらかが必ず良いということはないので、自分の好みの付け方で大丈夫です。
私はコットンを使用しているのですが、化粧水を付けるときにいくつかのポイントがあるので紹介したいと思います。
まずはお使いの化粧水の適量を確認し、その量をコットン全体に広げます。
この時コットンの裏側が少し濡れている程度が良いです。
(コットンの厚さによっては、適量よりも少し多くなってしまうかもしれません。)
コットンに化粧水を染み込ませたら、人差し指と小指で挟んで、顔の中心から外側へ化粧水を広げていきます。
何度もパッティングしたり強くこすらないように注意してください。
コットンの繊維が顔に張り付いてしまう時は、染み込ませた化粧水の量が足りないので、付け足してください。
また、コットンが肌に当たった時に少しでも刺激を感じる方は、コットンの使用はやめ手でつけた方が良いと思います。
全体に化粧水を広げた後、私は使っていたコットンに化粧水を少し足して、乾燥しやすい目の下から頬にかけてコットンパックをしています。
最後に手の平を使って顔全体をプレス、小鼻や眉間などの細かい部分は指の腹でプレスします。
コットンを使用することで細かい部分まで均等に化粧水を行き渡らせることができたり、手への浸透を防いたり、蒸発しにくかったり、衛生的であるという利点があります。
しかし手に比べると刺激が強くなる恐れがあったり、化粧水を多く使ってしまいがちだったりするので、自分にあった付け方を選んでみてください。

こちらも参考にしてください⇒化粧水 コットン

関連記事