塗料の質に比例して価格が高くなる屋根塗装は、安価なアクリル塗料やウレタン塗料よりもコストパフォーマンスに優れたシリコン塗料がお勧めとされています。
シリコン塗料は3種類に分けられていて、水性と溶剤1液型と溶剤2液型の油性の3種類を用途に応じて使い分けます。
耐久性において他の塗料と比べて、シリコン塗料の耐久性は優れています。
耐用年数が長い遮熱系塗料よりは低いですが、外壁塗装や屋根塗装で主に使われるアクリル塗料やウレタン塗料より耐用年数が長いです。
ちなみに、シリコン塗料の耐用年数は8?15年とされています。
そして、シリコン塗料には約600℃にも耐えられる高熱耐性があり、耐水性にも優れています。また、耐久性でも汚れを寄せ付けないので高いです。
外壁塗装や屋根塗装を行うと、塗料は経年劣化により光沢が失われていきますが、シリコン塗料は光沢保持率にも優れるので、外壁や屋根の美しさを保つことができます。
そのため、シリコン塗料は塗料の塗り直しを行わなくても、建物の外観を綺麗に保てます。
しかし、シリコン塗料はアクリル塗料やウレタン塗料と比べて付着性が劣り、費用も高くつきます。
けれども、耐熱性や耐水性に優れるシリコン塗料は、他の塗料より外観を保つのに優れた効果を発揮してくれます。
シリコン塗料は、屋根塗装でも優れた耐水性と耐久性によって、雨漏り対策としても貢献してくれます。
コチラも参考にしてください。⇒屋根塗装 塗料

関連記事