紫外線が強い場所に行く前には!トマトを食べておく

食べ物による日焼け止め対策もあります。
特に、紫外線が多くなる時期や日焼けしやすい環境に行く際には、なるべく摂取いた方がいいでしょう。

それがトマトです!
トマト以外にも、効果的なのが赤い食べ物です。

というのも、赤い食べ物には、リコピンが含まれます。
このリコピンには、紫外線の悪影響をケアするカルテノイドという色素が入っています。

赤い食べ物の中でも、トマトがオススメです。
トマトに含まれるリコピンは、加熱することで更に効果がアップします。

プールや海に出かける前日や朝には、焼きトマトなど、加熱したトマトを食べておくことでUVケアができます。

見出し2 夏の赤い食べ物といえばスイカ!スイカにも日焼け止めの効果あり!

夏のフルーツといえばスイカですね。
スイカも赤い食べ物ですから、UVケアの効果があります。

時期的にも多く出回り、安く買うことができますのでオススメです。

また、緑の野菜にも日焼け防止効果があります。

オススメなのがブロッコリー。
他にも、カカオが70%以上含まれているチョコレートやアーモンドも効果があります。

チョコやアーモンドなら、手軽にどこでも食べられますね。

こうやってみると、紫外線対策ができる食べ物も多くあります。

UVクリームなどだけに頼るのではなく、体内からのケアもUVケアでは重要なポイントです。

夏であろうと焼けるのが嫌な人は、食べ物についての知識も得ておくといいでしょう。

気になった方はコチラも参考にしてください。⇒プール 日焼け止め 禁止

関連記事

    None Found